歩き お遍路 四国八十八ヶ所 区切り 順打ち 2019年 2020年 海鮮 グルメ カツオ 神社 パワースポット 登山 山伏 修験道 山岳修行 四国 霊山 Shikoku Pilgrimage eighty-eight places temple tokusima kochi  Tokushima Kochi Ehime Kagawa Kukai Accompanied by two people

榛名神社 秋葉神社 参拝 関東 群馬の有名 パワースポット

f:id:nastokyo:20200216132235j:plain

今回の榛名神社もそうですが、神道密教山岳信仰が入り混じっていた神社になります。 

神仏分離で、寺から 神社への移行されたところが全国各地多くあります。

榛名神社公式サイト | 榛名神社

修験の山 天狗山も隣にあります。

〒370-3341  群馬県高崎市榛名山町849 
027-374-9050

参拝時間は7時から18時

現在 国祖社・額殿の保存修理工事中でした。

 

東京から高速 関越道で122k  約2時間 群馬県榛名神社(はるな神社) 秋葉神社(あきは神社)に行ってきました。

今日は、午後には都内に戻りたかったので、登山 ハイキングしながら榛名神社に行くルートはやめて 榛名神社に直行しました。

 4時30分都内出発 

帰りは椎名湖ルート 渋川伊香保IC→東京

 

本当は榛名山やいろんな山に登りながら参拝したかったのですが、次回ゆっくり

榛名神社 随神門→一合目・地蔵峠分岐→天狗山登山口→四合目・鏡台山コル→天狗山山頂→四合目・鏡台山コル→天狗山登山口→榛名神社 随神門

をリベンジしたいと思います。

f:id:nastokyo:20200216115644j:plain

榛名神社内のMAP

http://harunavi.pya.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/jinjya_naka20160930.pdf

朝7時 椎名神社到着 今日も駐車場車に一台も止まっていませんでした。

f:id:nastokyo:20200216132330j:plain

入り口 随神門

f:id:nastokyo:20200216132217j:plain

f:id:nastokyo:20200216132451j:plain

f:id:nastokyo:20200216132526j:plain

f:id:nastokyo:20200216132539j:plain

左随神像

f:id:nastokyo:20200216132552j:plain

f:id:nastokyo:20200216132604j:plain

f:id:nastokyo:20200216132615j:plain

f:id:nastokyo:20200216132630j:plain

f:id:nastokyo:20200216132643j:plain

千本杉

f:id:nastokyo:20200216132700j:plain

f:id:nastokyo:20200216132714j:plain

f:id:nastokyo:20200216132733j:plain

榛名湖へと続く道

f:id:nastokyo:20200216132750j:plain

f:id:nastokyo:20200216132824j:plain

f:id:nastokyo:20200216132840j:plain

f:id:nastokyo:20200216132850j:plain

f:id:nastokyo:20200216132903j:plain

f:id:nastokyo:20200216132923j:plain

f:id:nastokyo:20200216132941j:plain

f:id:nastokyo:20200216132959j:plain

f:id:nastokyo:20200216133012j:plain

f:id:nastokyo:20200216133022j:plain

f:id:nastokyo:20200216133036j:plain

f:id:nastokyo:20200216133047j:plain

双龍門

(オフィシャル引用)竣工は安政2年(1855)。
一間一戸四脚門で総欅造り。
入母屋造、銅版葺、正面と背面に千鳥破風、四面に軒唐破風をつける。
4枚の扉にはそれぞれ丸く文様化された龍の彫刻が施されていることから双龍門と呼ばれるようになった。
羽目板の両面には「三国 志」にちなんだ絵柄が彫られており、天井の上り龍、下り龍とともに双龍門の風格を高めている。
棟梁群馬郡富岡村清水和泉、 彫刻武蔵熊谷宿長谷川源太郎、天井の龍は高崎藩士矢島群

f:id:nastokyo:20200216133058j:plain

楽殿

(オフィシャル引用)明和元年(1764)に再建。
北面が唐破風造、南面が切妻造銅板葺で、北側が吹き放ちの舞台、南側を楽屋としている。神に奉納する神楽を演じる場所であり、本殿と向かい合い、床の高さを同じくする。棟梁は佐藤直右衛門。

f:id:nastokyo:20200216133112j:plain

f:id:nastokyo:20200216133129j:plain

国祖社 額殿

(オフィシャル引用)享保年間(1716~35)建築。
入母屋造銅板葺正面3間、側面5間、妻入、正面向拝一間付。
もと榛名山西部の御祖霊嶽にあったものを、本社のそばに摂社として祀るようになったと伝えられている。
神仏分離以前は本地仏を安置し、本地堂とも呼ばれた。
祭神は豊城入彦命(とよきいりひこのみこと・崇 神天皇の皇子。
毛野国君・下毛野国君の始祖)、彦狭島命(ひこさしまのみこと・豊城入彦命の孫)、御諸別命(みもろわけのみこと)。
文化11年 (1814)の増築。
入母屋造銅板葺で北面は国祖社に接続。
額殿は本来は神楽の拝見所であるが、大小の「太々御神楽」の扁額を揚げてあることから額殿とも呼ばれている。

f:id:nastokyo:20200216133158j:plain

f:id:nastokyo:20200216133210j:plain

右手から見た本殿と御姿岩

f:id:nastokyo:20200216133222j:plain

 

(オフィシャル引用)文化3年(1806)の再建。
左手が拝殿、右側が本社で両者をつなぐのが幣殿。
本社は隅木入春日造・正面三間、側面二間。
幣殿は両下造・正面一 間、側面三間。
拝殿は入母屋造・正面千鳥破風、両側面と向拝に軒唐破風をつける。
権現造の複合建築。
屋根は銅板葺。
本社は御姿岩に接し岩奥に御神体を お祀りしている。
目貫の鷲、左右海老虹梁の2龍ほか彫刻が多い。
格天井の花草飛龍の絵は仙台藩の絵師根本常南の筆。f:id:nastokyo:20200216133300j:plain

f:id:nastokyo:20200216133330j:plain

f:id:nastokyo:20200216133354j:plain

f:id:nastokyo:20200216133439j:plain

塞神社(さえのかみしゃ)

f:id:nastokyo:20200216133500j:plain

f:id:nastokyo:20200216133522j:plain

榛名神社の参道途中にある 秋葉神社 入り口

なぜかこちらに力が引き寄せられる感じがする。

f:id:nastokyo:20200216133537j:plain

f:id:nastokyo:20200216133620j:plain

約10分ほど登ります。

f:id:nastokyo:20200216133708j:plain

旧道みたいな ふかふかした道が好きです。

f:id:nastokyo:20200216133825j:plain

秋葉神社到着

f:id:nastokyo:20200216133848j:plain

6基 石祠 秋葉大明神

f:id:nastokyo:20200216133552j:plain

f:id:nastokyo:20200216134041j:plain

f:id:nastokyo:20200216134104j:plain

f:id:nastokyo:20200216134125j:plain

f:id:nastokyo:20200216134149j:plain

榛名神社 入り口すぐ右側から 修験の山 天狗山 登山入り口がある。

天狗山 次回ここから登る下調べ

f:id:nastokyo:20200216134212j:plain

今回錫杖を忘れてしまいました。

f:id:nastokyo:20200216162544j:plain

男根岩

f:id:nastokyo:20200216134228j:plain

榛名湖到着 鏡のような幻想的な景色 

f:id:nastokyo:20200216134243j:plain

榛名湖 湖 反射  8時10分 今日は ここで都内に帰ることに

f:id:nastokyo:20200216134257p:plain